2013年06月21日

【オンライン法務部メールマガジン】2013年6月号/第12号/[労働者が離職した場合の離職区分]

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
技術系・ITベンチャーの実務に役立つ法律・知的財産情報
2013年6月号 第12号 
テーマ [労働者が離職した場合の離職区分]
発行 オンライン法務部
http://www.olld.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[1] メルマガ第12号のご挨拶
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 皆さんこんにちは。ようやく梅雨らしい日が多くなってきたこのごろですが、
天候にかかわらず、日々ご活躍のこととお慶び申し上げます。

 各士業の専門性と経験とを生かしたワンストップサービスを展開しているオン
ライン法務部からのメルマガをお送りいたします。

 今回は、どの企業でも抱える問題である社員の退職に関して、思わぬ落とし穴
となる可能性のある「退職理由」について、実務的観点から解説します。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[2] 労働者が離職した場合の離職区分
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 「離職票の退職事由は『会社都合』にしてもらえないでしょうか?自己都合だ
と失業保険をもらえるまで時間がかかるのです。なんとかお願いします!」
 社員からこのように頼まれた場合どうしたら良いのでしょうか。


1 考えられるリスクと対策

 まず、離職票に事実と異なることを書いたことが明らかになった場合、不正受
給の違法行為として、会社が処分の対象になるリスクがあります。また雇用に関
する助成金の申請を行う際には、「過去2年間に事業主都合で解雇がないこと」
等が受給の条件とされている場合が多く、いざ申請の際に頭を抱えてしまうこと
も考えられます。

そして最も危険度が高いのが、その退職した社員と思わぬトラブルに発展する
リスクです。離職票を「事業主都合」にした場合、解雇、重責解雇、希望退職の
募集または退職勧奨、整理解雇といった項目から選ぶ必要があります。事業主都
合にするために安易にそこから「解雇」を選んでしまったがために、あれは「不
当解雇だった」と訴えられたり、「退職勧奨に同意していないのに辞めさせられ
た」などと言って、労働基準監督署に駆け込んだりする労働者がいます。これは
よくある事実です。特に不当解雇で争われると、「賃金仮払いの仮処分」として、
裁判中2〜3年も給与を支払い続けることになる可能性もあります。

このようなトラブルを避けるためには、退職する社員から頼まれたからといっ
て、安易に事業主都合の離職票を書かないこと、また、必ず口頭ではなく書面で
退職願などを本人から受け取るようにしてください。


2 労働者が離職した場合の離職区分

 雇用保険に加入していた労働者が離職し、失業等給付(基本手当)の受給をす
る場合には、その離職理由により、「通常の離職者」「特定理由離職者」「特定
受給資格者」に区分され、基本手当の受給手続きを行うことになります。通常、
失業等給付の受給資格を得るには、被保険者であった期間が12ヶ月以上(離職
以前2年間)必要ですが、特定理由離職者、特定受給資格者については、被保険
者であった期間が6ヶ月以上あれば受給資格を得ることができ、所定給付日数が
手厚くなる場合もあります。この3つの区分のうち、いずれに該当するかの最終
的な判断は、離職理由に基づきハローワークが行うことになりますが、今回は原
則的な取扱いについて確認しておきましょう。

 (1)通常の離職者に該当するケース
   ・正当な理由のない自己都合退職
   ・有期労働契約の労働者が契約更新を希望せずに労働契約が満了した場合

 (2)特定理由離職者に該当するケース
   ・有期労働契約の労働者が契約更新を希望したにも関わらず、労働契約の
    更新がされず、有期労働契約が満了した場合(特定受給資格者に該当し
    た場合を除く)
     ⇒ただし、当初から契約の更新がないことが明示されていた場合
      には、基本的に特定理由離職者には該当しません。
 (3)特定受給資格者に該当するケース
   ・解雇
   ・天災その他やむを得ない理由により事業の継続が不可能になったことに
    よる解雇
   ・事業所移転等に伴う正当な理由のある自己都合退職
   ・事業主からの働きかけによる正当な理由のある自己都合退職(退職勧
    奨・法令違反の労働環境など)
   ・有期労働契約の更新により3年以上引き続き雇用された場合で労働契約
    が更新されなかった場合
     ⇒以下のいずれも該当する場合が対象になります。
      ●有期労働契約が更新され、雇用された時点から継続3年以上雇用
       されている
      ●労働契約の更新を労働者が希望していたにも関わらず契約更新が
       されない
   ・有期労働契約の締結に際し当該労働契約が更新されることが明示された
    場合で更新されず離職した場合
     ⇒以下のいずれも該当する場合が対象になります。
      ●有期労働契約の締結に際し、契約の更新または延長を行う旨が雇
       入通知書等で明示されている
      ●労働契約の更新を労働者が希望していたにも関わらず契約更新が
       されない


3 注意点

 労使間で最もトラブルが起こりやすいのが「退職・解雇」についてです。退職
に関して、労使間での意思確認はどうしても曖昧になりがちですが、意思確認も
しっかり行った上で、口頭ではなく書面にて「退職日」「退職理由」を明らかに
した書面を受け取るようにしておくと良いでしょう。


             (執筆 社会保険労務士法人日本人事 代表
                     社会保険労務士 山本 喜一)
              URL  http://www.sr-jhr.com/kiichiyamamoto.html


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
[3]お知らせ〜7月3日 士業ビジネス研究会のご案内
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

お知らせコーナーでは、2013年7月3日開催の士業ビジネス研究会のご案内
をいたします。

[テーマ] 「ネコでもわかる! 労働関係法の改正ポイント」

[内 容]
 平成25年4月は労働関係法の改正が相次ぎました。
 改正高年齢者雇用安定法(希望者について原則65歳までの雇用が義務化)、
改正労働契約法(同じ職場で5年を超えて働く契約社員を対象に、正規雇用に転換することが義務化)、
改正障害者雇用促進法(障害者の法定雇用率の引き上げと、今後の精神障害者の雇用が義務化)などです。
 今回は改正ポイントを素材としつつ、労働関係法の基礎知識がわかるものとします。

 山本喜一氏からの発表の後、質疑応答の時間も設けます。

発表者の山本さんからコメントです。
「世の中の会社さんが、ここのところの改正で実際に困っている事例などもご紹
介できればと思います。なお表題には過大表現の可能性があります(笑)。楽し
くわかりやすくお話できればと思います^^」


発表者 山本喜一氏(社会保険労務士/社会保険労務士法人日本人事)
      http://www.sr-jhr.com/kiichiyamamoto.html

日 時 2013年7月3日(火曜日)
     (18:45から受付開始) 19:00〜20:50

会 場 東京・竹橋 ちよだプラットフォームスクウェア 5階 会議室502
     地図→ http://yamori.jp/modules/tinyd2/index.php?id=10

会 費 社会人2000円/学生1000円

参加申込
    担当(茂木)のメルアド info@sp-senryaku.org まで、
    下記の内容を送信してください。

    7/3士業研に参加します。
    お名前:
    所属:
    連絡先(メルアド):
    懇親会の出欠: 出席/欠席

    勉強会終了後、懇親会を開催します(費用別途)。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本マガジンの無断複製、転載はご遠慮ください。

ただし、本マガジン全部の転送は大歓迎です。ご友人、知人、同僚、取引先等に
どんどん転送ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


【編集発行】オンライン法務部
〒104-0042 東京都中央区入船3-8-7 ザ・ロワイヤルビル3階

オンライン法務部とは  http://www.olld.jp/
専門家集団のご紹介  http://www.olld.jp/profile.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 本マガジンに対するご意見、ご感想は
mailto: entry@olld.jp まで
■ 本マガジンの配信解除、アドレス変更等は
mailto: entry@olld.jp まで
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by LLP‐SMP at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367082723
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。