2011年02月20日

20110310銀座農業政策塾 蔦谷栄一氏の「日本農業のグランドデザインとTPP」


さて・・・。3/10銀座農業政策塾のご案内です。

銀座農業政策塾は、日本農業のグランドデザインを探求し、
その戦略や政策を提言することを目的とします。

環境保全型農業や地域社会農業を切り口にして、法規制や税制、補助金、
そして、地域の自立、消費者の意識向上につき具体的な戦略・政策提言を
行うための勉強会、議論を行います。

なお、銀座農業政策塾は、NPO法人銀座農業環境イニシアティブと、
戦略経営研究会の共同主催です。


農業からTPP(環太平洋戦略的経済連協協定)を考えるシリーズの第2回です。
第1回は平成23年1月11日に開催。


テーマ:農業からTPP(環太平洋戦略的経済連協協定)を考えるシリーズ第2回

「日本農業のグランドデザインとTPP」

サマリー:

最近は、日本農業が多くの問題を抱えていることは認めながらも、
基本的には改革よりは保護を優先する主張と、
日本の農業の現状を知らずに農産物の関税撤廃(国際取引の自由化)を主張するという
かみ合わない議論がほとんどとなっています。
あらためてTPP問題を検討するスタンスについて考えるとともに、
日本の農業(特に、コメ分野)におけるグランドデザイン(総合的な視点)を提示し、
そのうえでTPPの是否について検討します

講 師 蔦谷栄一氏(農林中金総合研究所 特別理事)

日 時 平成23年3月10日(木)
     (18:45から受付開始)19:00〜21:00 

会 場 東京・銀座三丁目 「銀座会議室」 

会 費 社会人 1000円/学生 無料
     ※ 懇親会の費用は別途です

参加申込 

     担当(茂木)のメルアド info@sp-senryaku.org まで、
                   ↑@を半角にしてください
     下記の内容を送信してください。

     3/10銀座農業政策塾に参加します。
     お名前:
     所属:
     連絡先(メルアド):
     懇親会の出欠: 出席/欠席


※なお、定員になり次第、締め切らせていただきます。

posted by LLP‐SMP at 10:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186833017
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。