2010年02月28日

3/17戦略農政研究会 「アメリカの農業・農業政策−アメリカ2008年農業法を中心として−」


アメリカの農業ですが。けっこう家族経営が残っており、
これに、補助金が選挙対策でばらまかれるという構造があるようです。
そして、過剰供給となり、世界の穀物価格、さらには、地域の農業に影響を与えると。


さて・・・。3/17ですが、
立岩寿一氏(東京農大教授)の発表による、
「アメリカの農業・農業政策−アメリカ2008年農業法を中心として−」の勉強会を開催します。

みなさま、ぜひご参加申込みを、よろしくお願い致します。

内容は、
アメリカ農業・農政は、大規模経営及び市場指向的政策が
展開していると言われている。
しかし、基幹的作物では、保護システムが形成されてきた。
1990年代からのアメリカ農政の変遷をたどり、その特徴と現状を報告する。
・・・です。


テーマ  「アメリカの農業・農業政策−アメリカ2008年農業法を中心として−」

発表者 立岩寿一氏(東京農業大学国際食料情報学部食料環境経済学科教授)

日 時 2010年3月17日(水曜日) 
     (18:45から受付開始)19:00〜20:40 

会 場 東京・銀座 銀座会議室三丁目 6階B室
    
会 費 社会人3000円/学生1000円

参加申込
     担当(茂木)のメルアド info@sp-senryaku.org まで、
                      ↑@を小文字にしてください
     下記の内容を送信してください。

     3/17戦略農政研究会に参加します。
     お名前:
     所属:
     連絡先(メルアド):
     懇親会の出欠: 出席/欠席

勉強会終了後、懇親会を開催します(費用別途)。


posted by LLP‐SMP at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。